FC2ブログ
五行歌・・・って知っていますか? 制限は5行で表現するということだけ。 俳句や短歌とも違う、新しい詩のジャンルです。 まだまだ初心者の私ですが、その時々に感じたことを綴ってみたいと思います。
プロフィール

ゆうか

Author:ゆうか
「五行歌・・・って、なんなん?」

というところから始まって、まだまだ勉強中です。

PC苦手なのに、とうとうブログまで始める始末。

読んだ人が、一瞬でもその世界に入ってくれたならいいなぁ・・・と思っています。

よろしければお付き合いくださいね!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
早いものでもう10月が終わりますね。
銀杏も色づき始め、どんどん秋が深くなっていきます。

今日は、いけばな展を観に行きました。
お友達が師範資格を持っていて、よく招待券を頂くのです。

いけばなを観に行くと、いろんな花材に出会えて楽しいです。
秋の展覧会は毎回「実物」が多くて、とっても秋らしいです。
今回は柘榴の実を使ったものが目を引きました。
枝にたっぷりと実がついていて、重量感もたっぷり(笑)
実の色のまばらな色づき具合がきれいでした。

私自身は、いけばなを習ったことも、習いたいと思ったこともありません。植物は大好きですが、いけることに興味が持てないのです。
やはり自然にあるべきだ・・・とも思いますし、結構雑草が好きなもので(笑)草むらにある、小さな名前も知らないような花ってかわいいですよね。秋の初めに「あかまんま」(イヌタデのこと)を見つけると嬉しくなります。

立ち枯れの
ねこじゃらし
生命なき故の
透明な
美しさ

朝日に透けて綺麗ですよ・・・。
スポンサーサイト



テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学

 ヒヨドリが

 強く啼く

 イイノカ

 イイノカ・・・と

 戒める



・・・肌寒いぐらいの朝の空気の中、ヒヨドリの鳴き声にハッとします。

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学

あぁ・・・。何でこんなに忙しいんでしょうかねぇ・・・。

いきなり、ぼやきから始まってしまいました。(笑)
働く主婦というものは、ほんとに時間がありません。
なまじ仕事で責任を負わされていると、もう、頭の中は仕事でいっぱい!
やっちゃわなければならない仕事を考えると、帰宅拒否症になってしまいそうです。
前回忙しかったときには、職場の近所のネットカフェに泊まりたい・・・と、真剣に思ってました。

そう、帰ってすぐは家事の嵐になるからです。(笑)
おかあちゃんはつらいよ!

でも、充実してるかな?


独りになりたい私と
独りになれない私が
綱引きをして
ぴん・・・と張りつめた
危ういバランス


おかあちゃんものんびりしたい。
でも、そうはいかない。
強くなる必要だってある。
でも、甘えたい。・・・そんなものなのです。

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学

ようやく時間が取れて、今までに作っていた作品を書き込むことが出来ました。
怒涛のように入力したので、新着が私ばっかりになったかな?(笑)

頭の中で憶えてばかりいられないので、最近は携帯に打ち込んでいます。
今回はその中からピックアップしました。

そのときは良く出来たと思っていても、後から読み返すと皆さんに読んで頂くほどではないかと思ったり・・・。書き込んだのは貯めていた中の半分ぐらいです。

今回カテゴリを分けてみましたので、気分で見ていただけると思います。
あなたのお気に入りが見つかればいいなぁ。コメント頂けたら嬉しいです。

・・・それから無断転載は禁止させていただきます。(やっぱ、基本的にね^^;)

だいぶ秋が深くなってきました。

私はキンモクセイが大好きです。
一時期は「トイレの香り」なんて言われましたが(笑)、あの香りがすると秋の訪れを感じます。

実は好きな花に、香りの強い樹の花が多いのです。
早春の沈丁花、初夏の梔子、そして初秋の金木犀。
季節の変り目に咲く花が多いですよね。
どれも何処からか香ってきて、はっ・・・とさせられます。

今回は、中学生の頃書いた詩から・・・。

キンモクセイの枝
しゃん・・・と
鳴らせば
思い出の数だけ
花が散る

ほんとは普通の詩で、曲までついているのですが、サビの所だけ五行歌にしてみました。リメイク・・・ってことで。(笑)




テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 よき妻であり

 よき母であるために

 心の隅に

 鈍く光る

 ちっちゃなナイフ

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 私のこと

 考えたりしてくれるんだ

 ふ~ん・・・なんて

 余裕のふりして

 内心ヘラヘラ

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 同じ時間に

 出発する

 2本の電車

 毎朝私は

 試されている

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 愛してるという

 台詞は

 決して

 免罪符に

 ならない

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 思いがけない
 
 激しさに

 翻弄されながら

 あなたの想いの

 強さを知る

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 どこの海の色より

 あの日

 あなたと見た

 海の色が

 いちばん魅力的

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 銀杏の樹の根元

 太古の匂いする

 新芽は

 くぅるりと

 ハート型

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 抱きしめて

 抱きしめられる

 あぁ だから

 人は無理をしても

 会う努力をするのだ

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 5ミリほど

 剥げかかった

 ペディキュアが

 あなたと

 会えていない時間

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 家に帰るのが

 なんだか嫌で

 独り歩いているのが

 なんだか寂しくて

 涙が出そうだ

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 満月が

 近づいてくる

 あなたが

 狼に

 なったらいいのに

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 すぅーっと

 身体いっぱい

 キンモクセイの香り

 吸い込んで

 私も秋になる

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


「それってさ

 お母さんの料理より
 
 おいしいん?」

 8歳にして

 この殺し文句

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 「さらって」なんて

 言えないから

 差し出した右手を

 そっと

 小さく振るの

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 ぽたぁん

 パッキンが
 
 緩んだみたい

 あなたへの想いが

 ぽたぁん 

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 歩いていると

 あなたの腕と

 私の腕が

 ぴとっ・・・と触れ合う

 夏が好き 

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学

 
 恋をして

 結婚して

 家族になったから

 恋がまた

 自己主張している

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学


 傷つけ合った若き日

「結婚なんて決して出来ない」

 母になった今も

 私の心の中を

 春一番と吹き荒れている

テーマ:五行歌 - ジャンル:小説・文学

今日は子供の運動会でした。

朝からいいお天気・・・とはいきませんでしたが、曇り空のほうが過ごしやすいと喜んでいました。

・・・が!何しろ風がなく蒸し暑い。
そのうち、風が出た・・・と思ったら、ギラギラとした真夏並みの日差し!砂埃はすごいし。一体、今何月なんだよ~!という感じでした。

今年は広報委員を仰せつかっているので、写真撮影に奔走しました。
自分の子供なんか、落ち着いて撮っていられない!(笑)
おまけにPTA競技の綱引きでエキサイトしたおかげで、足・腰・手首と体中痛いし・・・(^^;)

でも、一生懸命走る子供の顔はやっぱり素敵でした。
一年生のダンスはいつ見てもカワイイ。
組体操はドキドキ・ハラハラ。
くたびれたけど、いい時間でした。


「おつかれさん」と
 神様が
 広いグランドに
 にわか雨の
 打ち水


競技が全て終了し、PTAの後片付けもそろそろ終わり・・・という絶好のタイミングで雨が降ってきました。最後の仕上げって感じでした。

// HOME //